画像
法定点検(車検・1年点検)

title

節約?なら 点検しましょう!

 自動車の点検をしましょう。

道路運送車両法第47条で、自動車の使用者(自動車ユーザー)には自動車を保安基準に適合した状態に保つことが義務付けられています。自動車ユーザーは、自動車を日常的にチェックし、あるいは定期的に点検して必要に応じた整備を行い、自動車の安全の確保、公害の防止に努めなければなりません。

自動車の点検整備とは、自動車ユーザー(または自動車ユーザーが依頼した整備工場など)が必要な時に点検し、その結果に基づき必要な整備をすることをいいます。日常点検と定期点検があります。

定期点検

 定期点検

定期点検は、自動車の故障を未然に防ぎ、その性能維持を図るために定期的に行う予防点検で、車両法第48条に定められています。自家用乗用車の定期点検には、車検時の点検整備(2年点検)がよく知られていますが、車検の翌年に行う「1年定期点検」もあります。
車検と定期点検は目的が違います。
「車検」は検査する時点で国が定める安全上の基準に適合しているかをどうかを見るもので、次の車検までの安全性を保証するものではありません。車検に合格したからといって次の車検まで何もしないと、いつの間にか自動車が基準を満たさない危険な状態になってしまうことがあります。一方「定期点検」は、劣化や摩耗する自動車の部品をチェックして、故障が発生する前に整備する「予防整備」です。この違いをよく理解し、定期点検を確実に実施しましょう。

フロントガラスのダイヤルステッカーをチェックしましょう

 フロントガラスのダイヤルステッカーをチェックしましょう

次の定期点検がいつかわかりますか?ダイヤルステッカーには、次回の定期点検整備の実施時期が外から見てもわかるように、実施する年月を表示しています。また、裏面には定期点検整備を実施した認証工場名や次回の定期点検整備の実施時期などが記載されています。
このダイヤルステッカー(点検整備済ステッカー)は、認証工場で点検整備したクルマにだけ貼付されるため、このステッカーは、プロの整備士が点検整備した安全・安心の証とも言えます。

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!